円周率

収束半径の境界上での冪級数の振る舞いについて

        以下の記事で、冪級数の収束半径や、収束半径の内側での四則演算、微積分について述べました。 「収束冪級数に許される演算」 しかし、収束半径のちょうど境界の上での振る舞いについては全く触れませんでした。そこでこ...

続きを読む

自然数を2つ選べば円周率が求まる説の補足

        自然数の集合から無作為に 2 つ自然数を選んで (重複を許す)、それが互いに素である確率は $6/\pi^2$ であることが知られています。以下の動画では、この事実を用いて円周率を求めました。 https://...

続きを読む